ディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE」を提供
-国内初、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの作品が一堂に揃い見放題-
<2019年3月7日>

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
株式会社NTTドコモ

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(以下、ディズニー)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、国内で初めて、ディズニーが持つ4つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル(以下、4ブランド)の映像コンテンツが見放題となるほか、限定のグッズやコンテンツなどが楽しめる、ディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」を月額700円(税抜)で、2019年3月26日(火曜)に提供開始します。

「Disney DELUXE」は、ディズニーがお届けする最高のコンテンツを、日本の皆さまにいつでもどこでも、より身近にお楽しみいただくために生まれたディズニー公式エンターテイメントサービスです。ドコモの携帯電話をお持ちでない方も含め、通信会社を問わず、どなたでもご利用可能です。動画配信アプリ「Disney THEATER」(ディズニーシアター)を中心に、お好きなストーリーやキャラクターに夢中になれる動画以外のデジタルコンテンツが楽しめるアプリ「Disney DX(ディズニーDX)」「STAR WARS DX(スター・ウォーズDX)」「MARVEL DX(マーベルDX)」の4つのアプリで構成されています。

「Disney THEATER」では、定額制動画配信サービス初登場となる『アナと雪の女王』『リメンバー・ミー』や、新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2019年4月配信)1をはじめとする4ブランドの映画、日本初登場となるTV作品などが、スマートフォンやタブレット、PCはもちろん、テレビで、いつでもどこでも楽しめます。ディズニー、ディズニー/ピクサーの新作2アニメーション映画は、定額制動画配信サービスとしては日本で初めての提供となります。

動画以外のコンテンツをお楽しみいただく「Disney DX」「STAR WARS DX」「MARVEL DX」では、「Disney DELUXE」でのみ提供する、4ブランドの新着情報や最新劇場公開映画と連動したきせかえやスタンプ等のデジタルコンテンツが使い放題となります。また、マグカップやTシャツ、トートバッグなどのオリジナルアートによる限定グッズに加え、イベントや展示会の割引優待など会員限定イベント特典などもご利用になれます。

また、ご入会された方には、会員特典として、お好きなデザインから選べるオリジナルdポイントカードを進呈します。さらに、2019年3月26日(火曜)~2019年4月14日(日曜)の間、ディズニーストアでお買物をされた方に、dポイント500ポイントを進呈するキャンペーン等を実施します。

本サービスは、ディズニーがアプリの開発からコンテンツの制作などサービスの提供を担い、ドコモがdアカウント®による認証や決済プラットフォームの提供および販売促進を担う、両社協業によるサービスです。
これまでも、パートナーとして様々な取組みを実施してきた両社は、お客さま一人ひとりを理解し、その体験がより豊かになるために、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルがお届けする最高のエンターテイメントの世界を、日本のファンの皆さまに、いつでもどこでも、これまで以上に身近に楽しんでいただけるよう努めてまいります。

出典 NTTドコモ 報道発表資料

 

これ。間違いない、最強のサブスクリプション型動画サービスといっても過言ではない。

コンテンツが他と比べて最強すぎる。

そして、月額費700円という圧倒的低価格。

ディズニーはNETFLIXやHuluを本気で潰しにかかってきているのかもしれない。

ディズニー ピクサー スターウォーズ マーベル

一つだけでも全世界にどれだけ多くのファンが居ると思っているんだ。

システムやUIの優位性とかそんな物を全部ふっとばしてしまっている。

これはもはやコンテンツの暴力なのではないだろうか。

正直言って、これから新規参入してくるビデオサービスは相当な覚悟が必要だと思う。

強者だらけ過ぎてもうディズニーくらいコンテンツ力がなかったら参入できないし、ディズニー以上にコンテンツ力のあるサプライヤーは存在しないからもはや無理ゲー

まあ唯一活路があるとすれば、細かくジャンル分けして小さな市場で戦うことくらいだけれども収益性とかを考えるとまた難しい話である。

パイレーツ・オブ・カリビアン、トイ・ストーリー、FROZEN(アナ雪って言うの大嫌いなんだわ)アベンジャーズ。

全部最強

最強すぎて本当に誰もついてこない、

ハンナ・モンタナとか、懐かしの海外コメディードラマもあるらしいし、

20代必携サブスクリプションサービスになること間違いなし。

 

2019年後半にアメリカでDisney+っていう似たサービスが始まるらしいけど、

もしそれも日本に上陸したら、どちらを使うかはまた考えておく。

そうなると流石にUIとかを判断材料にするような気もするけどね。

 

とにかくDisneyで楽しみなことがいっぱいの2019年って感じですね。

来週はキャプテンマーベル

4月はアベンジャーズエンドゲーム

スパイダーマンスパイダーバースがアカデミー賞を受賞しましたっけ、

そんな感じで、いけいけDisneyマーベルって感じで更に年末にはスター・ウォーズの新作まであるときた。

今年はもはやDisneyYEARなのかもしれませんね。

とにかく今年が楽しみだ。