ずっと疑問に思ってきた、インスタントコーヒーって何者?

だって、コーヒーを淹れるのだって別にインスタントじゃない?それを更に簡易的にして味を落としたインスタントコーヒーって何がしたいのかいまいちわからない。需要が見えない。簡単に入れられる。コーヒーメーカーがあれば本当にインスタントコーヒーレベルの気軽さで淹れることができるのに、なぜインスタントコーヒーを使っているのだろうか。

チョコレートクッキーに苦味を出す時に使ったことはあるが、いまいちこのインスタントコーヒーの需要がわからない。

なぜ、価格的にも大差がないのにインスタントコーヒーを使うのか。

労力的にも大差がないのにインスタントコーヒーを使うのか。

自分にはわからない。

普段レギュラーコーヒーを飲んでいるとインスタントコーヒーが美味しくなく感じてしまう。

インスタントコーヒーベーシックで生きてきた場合はそれが逆になるのだろうか。だとしたらわかる。

しかし、美味しくなくてなおかつ飲んでいるのであればいよいよ意味のわからない世界に入る。

インスタントコーヒーとは一体何者なのだろうか。

謎は深まるばかりである。