もはや日記っぽくなってきてしまったこの企画

今日は鴨川で仕事中のため、あのカップルが座ってるところで

なんだか知らんけど代表の垣端と共に仕事中。

 

というわけで今日は鴨川の日

アイパッドを川に落とさないように必死になって持っている今日この頃。

鴨川ってなんだろうと思ったそこのあなた。

いつも通りwikipedia先生に紹介してもらおうと思います。

 

河川法における鴨川の起点は、京都市北区雲ケ畑の出合橋付近である。

北区雲ケ畑の桟敷ヶ岳東部の谷を源とする祖父谷川と、桟敷ヶ岳南部の薬師峠を源とする雲ケ畑岩屋川が雲ケ畑岩屋橋で合流し雲ケ畑川となる。雲ケ畑川は、雲ケ畑の魚谷山南部の谷を源とする中津川と出合橋で合流し、これより「鴨川」となる。鴨川起点の表記は中津川下流域にあるため、これに従うと源流は中津川であると考えられるが、これはあくまでも河川法上での扱いであり、伝統的には桟敷ヶ岳を源流と見なす人も多い。

また、この鴨川本流とは別に、京都市右京区芹生峠を源とする貴船川と、京都市左京区花脊峠を源とする鞍馬川がある。両者は貴船口で合流し鞍馬川となり、山幸橋で鴨川と合流し大きな流れとなる。なお、貴船神社社伝においては玉依姫命淀川・鴨川の源流を遡上した際にたどりついたのが貴船の地とされる。

鴨川は鞍馬川と合流後、北区上賀茂京都盆地に出る。上賀茂神社(賀茂別雷神社)、下鴨神社(賀茂御祖神社)脇を南南東に流れ、賀茂大橋(加茂大橋)手前で高野川と合流する。そこから京都市内を真南に流れ、四条大橋付近から南西へ流に振り、五条大橋から再度南下、九条高架橋を越えた後に南西へと流れを変え伏見区鳥羽西高瀬川と合流、そのまま桂川に注ぐ。また、中京区で西に高瀬川を分け、以南で並行して九条付近で再度合流する

出典 wikipedia

まあ京都で一番有名な川って話。

そんな川を今日僕がこの日を記念日に設定します。

本来は鴨川の日なんて存在していないので勝手に僕がつけちゃいました。

失礼ですよね

分かってます、なぜならこのブログはシンプルに自己満しか追求してませんから笑