ラクスルで何でもできるじゃん!

企業の遊休資産を利用する、いわゆるシェアリングエコノミーの手法により、「ラクスル」では印刷機の非稼動時間を、「ハコベル」では運送会社の空き時間を、それぞれ活用することで低廉な価格を実現している。とくに「ラクスル」では、印刷機の稼働率が4割程度であることに着目し、これを利用することで自社の印刷工場を持つ必要がなく、コストを削減できているとする。社長の松本恭攝ミスミの「持たざる経営」を参考にしたと語っている[2]

出典 Wikipedia

 

 

 

 

これ、うちのエンジニアなんですけど、

以前暇すぎて暇つぶしにこんな絵を作ってみたんですよ。

それを印刷してはっつけたいと思い、ポスターをどこかで印刷しようと思って、普段名刺を注文しているラクスルで調べてみたんですよ。

そしたらなんと2000円で印刷ができると。

こりゃ良いもんを見つけたと思い早速注文。

 

そして届いて貼ってやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ嫌そう笑

 

評価はまあ似てるねだそうです。

こんなかんじでおふざけの道具が簡単にラクスルでは作れてしまうんです。

あ、お金はもらってないですよ。

シンプルに何でもできます。

会社のロゴを入れたTシャツとか適当な絵を入れたTシャツとか。

流石にミッキーマウスなどの著作権があるものをプリントするのはだめだとは思いますが、

あれ、個人利用の場合は行けるのかなあ。そこらへんは法律の専門家に聞いておいてください。

 

タペストリーとかのレンとかポケットティッシュとか、

はたまたテレビCMまでラクスルで購入することができます。

もはやなんでも買えるんじゃないかというくらい充実しているのがラクスルなんですね。

 

ところで、さっきのポスターに貼ってあったポスターの隣の地図みたいなやつが気になった方もいるかも知れませんがあれはあれです。

いばらきの地図です。もらったから貼っておきました。

なんだか仕事をしているみたいな感じになっていい感じですよね。

 

そんなわけでラクスルは印刷する系なら基本的に何でもできる理想のツールの1つなのではないでしょうか。

2019-02-12T18:28:56+00:00