ペリエを箱買い

世界140カ国の喫茶店レストランで飲まれている、最も有名な炭酸水である。特にヨーロッパでは、ペリエを置いていない飲食店は無いと言われるほどであり、食前酒代わりにペリエを飲む習慣もある。きめ細かく、長くはじける炭酸が特徴である。1863年にミネラルウォーターを産業として認可したナポレオン3世が、ペリエを「フランスの誇り」と絶賛したという。

ペリエの源泉であるヴェルジェーズの湧き水は、自然の状態で炭酸ガスを含んでいる。水と天然炭酸ガスは別々に採取され、ボトリングの際に採取した炭酸ガスを浄化した水に注入することで、ヴェルジェーズの湧き水と同等の炭酸ガス濃度を持つペリエがつくられている[1][2]

「ペリエ」の名は、1898年に水源の所有権を買い取り、ボトリング設備とボトル開発に注力した、フランス人医師のルイ・ペリエ博士に由来する。博士は水源をイギリス人へリースしていたが、英仏協商の後1906年、ジョン・ハームズワース(William Albert St John Harmsworth)が水源を買収した。彼は英国の勅許状を得ていた。ジョンが死亡すると、1933年5月19日政令によりペリエは公共事業となった。ヴィシー政権の接収に遭い、第二次世界大戦後リニューアルのため株式を上場した。

水源を買収したジョンの兄弟にハロルド・ハームズワースがいる。ハロルドの孫ヴィアー・ハームズワースは娘(Geraldine Theodora Gabriel)を、ダヴィッド・ジョージ・オギルヴィー(David Ogilvy)の息子(David John Ogilvy)と結婚させた。ダヴィッド・ジョージの兄弟アンガス(Angus Ogilvy)は、王女アレクサンドラの伴侶であった。

英国王室との関わりをもちながらペリエは民営化された。そして1976年にアメリカ市場へ進出した。

出典 Wikipedia

 

ペリエを箱買いしたよ。

なんでって、なんとなく事務所で飲むものが欲しくって、お茶だと面白くないかなって思ったから。

せっかくだしペリエをいただこうかと思い、ペリエを48本購入。

 

早速飲む。ああいい感じ。小さい頃に炭酸水を親に勧められても苦くてなんだか美味しくないと思っていたのですが、

いざ大人と呼べる年齢になり、改めて飲んでみると美味しいと感じるものなんですね。

表現は悪いかもしれませんが、ビールのような感じでしょうか。

なんで美味しいのかはわからないけど美味しいって感じです。

 

ピール好きで、お酒を控えたいという方には案外おすすめかも知れませんね。

 

 

2019-02-12T15:54:20+00:00