この記事は若干過激な表現が含まれます。

あくまで理論上の哲学の話なので、

現実にそれを適用してはいけません。

こういうことで世の中が成り立っているんだという記事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに聞きます

あなたは人間ですか?

 

まあ、「そうだけどいきなり何?」

みたいな話になりますよね。

 

では、人間って何でしょう。

 

なんで生きてるんですか?

 

なんで笑ってるんですか?

 

んなもん知らんわ。

って感じですよね。

 

こんな感じの哲学的な話題は一杯ありますよね。

なぜ死ぬのか。

天国と地獄。

人を殺しちゃダメな理由。

 

人を殺しちゃダメな理由は案外簡単に・・・

というよりも全てのこういう事は簡単に説明ができるんです。

決して、自分も殺されたくないでしょ?とか

自分が大事な人を殺されたら悲しいから。とかではありません。

いや、ある意味ではそれも合っているのですが。

人を殺してはいけない理由は

人間が人間のことを殺してはいけないと思っているからです。

ただ、勘違いしないで欲しいのはこれは安易に人を殺すことを容認するような記事ではなく、概念的なお話です。現実で人を殺していいわけではありません。殺人は当然犯罪です。

少なくとも僕は嫌です。

 

その嫌だという思いがあるから人を殺してはいけないんです。

ただ人を殺してもいいと本当に心で思っている人が殺す事は全く問題がありません。

 

この場合の人を殺してもいいと本当に心で思っていると言うのは、水を飲むのと同じくくりで人を殺すという考えがある人です。

誰かを殺したいと心から思っている時点でその人は除外されます。

 

 

しかし、この現実の人間も食べるために牛や豚は殺してもいいと思っていますよね。(一部宗教を除く)

この世界というものはたくさんの人のイメージによってできています。

1という数字を1と捉えることによって世界を成立させているのです。(新興宗教の勧誘とかではなく哲学的な考え方ね。)

目に見えるものをものとして認識しているからこそ、この世界は成立しています。

 

例えばテレビの人気女優。

有村架純さんでも橋本環奈さんでもいいですが、テレビで見ています。

実物を見たことがない場合、その人にとってはドラえもんのしずかちゃんと同じ2次元的存在なのです。

だって、橋本環奈もしずかちゃんも実物を見たことがないんだから。

本当に実在していると言えますか?

周りの人が実物を見たと言っても、あなたは実物を見ましたか?

見てないのであれば、その存在は2次元の存在と同じに考えても問題がありません。

 

今こうして書いている記事の作者もあなたにとっては2次元のアニメの存在と全く変わらないし、実物に会うまではそれで正解なのです。何故なら会ってないから本当は存在していないと考えることもできるのですから。

 

個人の認識と集団の意識によって築かれた常識の上で僕らは生活をしています。

 

さて、タイトルの内容に戻りましょうか。

人間って何?

 

答えは、ありません。

ないからこそ何百年もの間議論が続けられているのです。

 

ただ、僕の意見を言わせてもらうと

人間とは、自分と他の意識が人間だと思ったものだと思います。

猫は他の猫と全く会っていなかったり、鏡を見ていないと、自分のことを人間だと思うことがあるという話があります。

その時は猫にとって自分は確かに人間なのです。ですが、他の意識。この場合は飼い主が猫だと思うとその猫は人間だと思っている猫になります。

しかし飼い主がいなく、猫が2匹。どちらも自分が人間だと思っている世界があったとします。

その猫はその世界の上では間違いなく人間なのです。

もちろん僕らから見ると猫ですが。

仮定上の猫の世界では、その猫は人間として生きているし、間違いなく人間なのです。

 

もっと最近の話題に当ててみると、

LGBTの話題でよく取り上げられる性同一性障害。

猫の話題を先に取り上げましたが、猫のようにこの問題を扱う。というわけではありません、この問題は非常に重要な問題です。

女性の体に男性の心が入っている、またはその逆のことを指します。

彼らは自分のことをその性別だと思っていますが、周りの人間は違うと言います。

ですがひょっとすると性同一性障害なのは僕らの方かもしれません。

少数派だから。という理由なだけで障害と決めつけることもまた人間の本質的な部分を表しているのです。

 

長くなりましたが、結局人間は他の意識に人間と認められて、自分が人間だと思うからこそ人間なのです。

 

あなたは本当に人間ですか?

 

 

This article contains a slightly radical expression.

Because it is a story of the theoretical philosophy to the last,

Do not apply it in reality.

It is an article saying that the world is made up of such things

I will ask you about it.

Are you human?

Well, “Yes, but what is sudden?”

It will be like a story.

Then, what is a human being?

Why are you alive?

Why are you laughing?

Do not know.

I’m feeling.

There are a lot of philosophical topics like this.

Why do you die?

Heaven and Hell.

I do not want to kill people.

The reason why you should not kill people is unexpected easily …

Rather than all these things can be briefly explained.

Never, do not you want to kill yourself, do you? And

Because I am sad when myself is killed by an important person. It is not something.

No, in a sense it also matches.

The reason why people should not be killed

I think that humans should not kill human beings.
However, do not misunderstand this is a conceptual story, not an article that accepts killing people easily. It is not good to kill people in reality. Murder is of course a crime.

At least I hate it.

I do not want to kill people because I have a desire to do so.

There is absolutely no problem killing people who think truly in mind that they can kill people.

It is people who think that they really want to kill people in this case are like killing people as much as drinking water.

That person will be excluded at the time of my sincere desire to kill someone.

However, I think that cattle and pigs can kill in order to eat this real person, too. (Some religions are excluded)

This world is made of images of many people.

The world is established by grasping the number 1 as 1. (Philosophical thinking, not recruitment of emerging religion.

This world is established only because we recognize visible things as things.

For example, TV popular actress.

Even Mr. Arisumi Arimura or Mr. Naoko Hashimoto, but I am watching it on TV.

If you have not seen the real thing, that person is the same two-dimensional existence as Doraemon’s Shizuka chan.

Because Naoyasu Hashimoto and Shizuka chan never saw the real thing.

Can you say that it really exists?

Even if you said that the surrounding people saw the real thing, did you see the real thing?

If you do not see it, there is no problem even if you think of its existence the same as existence of two dimensions.

The author of the article I am writing like this is quite the same as the existence of two dimensional animation for you and it is correct by that until it meets the real thing. Because we can not think that it really does not exist because we do not meet.

We are living on common sense built by individual recognition and group consciousness.

Well, shall we go back to the contents of the title?

What is a human?

There is no answer.

Discussions are continuing for hundreds of years because there is no reason.

Just to let me know your opinion

I think human beings think that myself and other consciousness are human beings.

There is a story that cats do not meet with other cats at all, or if you do not see the mirror, you think that you are a human being.

At that time, for cats I am surely a human being. But, other consciousness. In this case, if you think that the owner is a cat, it becomes a cat who thinks that cat is a human.

But no owner, two cats. Suppose there was a world in which you think that you are a human being.

That cat is definitely a human on that world.

Of course it is a cat from us.

In the hypothetical cat world, the cat lives as a human and is definitely a human.

For more recent topics,

Gender identity disorder commonly covered in the topic of LGBT.

I took up the topic of a cat first, but I treat this problem like a cat. Not that, this problem is a very important issue.

It refers to the male’s body in the body of a woman, or vice versa.

They think of themselves as their gender, but say that the people around you are different.

However, perhaps sexual identity disorder may be ours.

Because it is a minority. Just because of the reason that it is a failure is also representing the essential part of human beings.

Although it got longer, in the end human beings are human beings because they are recognized as human beings by other consciousness and thinking that they are human beings.

Are you really a human?