ホームページを作るときによく聞く「保守管理費」って何?

こんにちは、
Beyction合同会社の辻です。

今回は、一般的にホームページ制作後に
毎月1万から5万請求される
「保守管理費」についてお話していこうと思います。

多くの方は、
「なぜホームページ制作後に毎月お金を払わないといけないの?」
「結局保守管理って何してくれているの?」
「まさか、騙されてる?」と考えいるのではないのでしょうか。

確かに、お客様の視点に立つと、
保守管理費はなぜ必要なのか、
保守管理は何を行っているのかは
分かりにくいものだと思います。

しかし、ホームページ制作会社は、
お客様のホームページを保守するために、
見えないところで作業を行っております、

例えば、
・情報が格納されているデータベースのバックアップ
・プログラムの更新、
・軽いSEO対策などを行っています。

もし、データベースのバックアップを取っていないと、
データが破損したり、サーバーに不具合が出た場合に
サイトが復元することができないことが起きてしまい、
1からホームページを制作する必要があります。

また、復元が出来たとしても
ホームページ制作費用よりも高い
費用を請求される可能性があります。

このように、お客様にとって保守管理費よりも
高い金額が必要になってしまうのです。

我々、ホームページ制作会社は、
そのようなことが起きないように
また起きる確率を下げるためにも、
日々バックアップを取り、
サイトの復元が可能になるように作業しております。

他にも、ホームページには
様々な機能を実現するために
プログラムが書かれていますが、
そのプログラムを常に更新して、
バージョンをあげています。

もし、プログラムを更新せずに放置していると、
正常にプログラムが機能しなくなることや
脆弱性(バグ)を突かれ、サイトを乗っとられる
可能性が大いにあります。

その理由として、
世界中いる何十万人ものハッカーが、
サイト等を乗っ取るために、
常に新しい攻撃方法を作り出しているため、
ホームページを作った段階では
プログラムに脆弱性がなくても、
半年後には脆弱性が発見され、
攻撃対象になりうるからです。

これはITの宿命なので、新しい攻撃方法が出来たら
それを阻止するために、プログラムを更新して、
攻撃されないようにする努力することが必要になります。

その作業をホームページ制作会社は、
保守管理費を頂いて行っております。

Beyctionは、
お客様にとって最も親身な
ホームページ会社を目指しております。

ホームページで悩みがございましたら、
是非Beyction合同会社に
お問い合わせください!

この記事はIBARAKI BEYCTIONの記事です。

IBARAKI BEYCTION

関連記事

  1. Liaison Apartment Osaka Station Eas…

  2. 自作ホームページのメリットとデメリット?

  3. 無料ホームページのメリット・デメリットとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP